投資

仮想通貨の自動売買はpythonよりQUOREAの方が簡単【運用結果】

仮想通貨ビットコイン)の自動売買をしたいと思ってる人へ。

結論から言うと、pythonなどプログラミング言語を使う必要はなく、QUOREA(クオレア)という無料ツールで簡単にトレードできます。

僕自身の運用結果や感想とともに解説しますね。

仮想通貨の自動売買はpythonよりQUOREAの方が簡単【運用結果】

仮想通貨がまた一段と盛り上がっているだけに、自動売買したいって人結構いるんじゃないでしょうか?(いまはもう暗号資産ですね(笑))

記事を書いている2019年7月現在の今でこそ調整局面に入ってますが、2019年6月16日に100万円の大台を超えてからは凄まじい勢いで急騰しましたよね。

そんな仮想通貨ですが、裁量トレード(自分の判断で行うトレード)で利益を得るという手法ももちろんあります。

僕自身、FXや仮想通貨をメインに裁量トレードにも取り組んでいます。

しかし、裁量はあらかじめ決めたルールの元、感情を一切抜きにして、リスク管理できないとまじで一瞬で資産が飛びます。

初心者や堅実に資産を増やしたい人にはまずおすすめしません。(本格的にやるのは1ロットとか少ない資産で勉強してからの方がいいです)

 

じゃあ投資初心者は資産を増やすために仮想通貨はやらない方がいいのかって話ですが、そういうわけでもなく、僕は自動売買から始めるのをおすすめしてます。

自動売買なら、ロボットが勝手にトレードしてくれるので、知識がない初心者でも余裕で出来ます。

もちろんリスクはありますが、裁量トレードよりもはるかに低リスクで堅実に資産を増やしていくという事が叶います。

【個人的な運用結果】

ちなみにもちろん僕自身仮想通貨の今のところは損してません。

さっきちらっと見た含み益がこちら。

 

相場のボラティリティ(変動率)が広い時こそ、自動売買は利益が出しやすいということもあり、価格が動いている今こそ仮想通貨の自動売買してみたいと思っている人もいるはず。

じゃあどうすれば仮想通貨の自動売買ができるのか?

 

実はこれ、ネット上で一般的に出回っているのが、Pythonを使ってプログラムを組んで自動売買する方法です。

Pythonって何かというとプログラミング言語のこと。

Pythonを使って、仮想通貨を自動で売買するプログラムを組んで自動売買しよう、ってのがこのPythonを使ったビットコインの自動売買の方法になります。

 

しかし、結論から言って、この方法で仮想通貨の自動売買をするのはプログラミング知識がない人にはおすすめしません。

まぁ当たり前な話ですよね。

プログラミング知識がなければプログラム組むのにも一苦労ですし、何より売買のトレードルールも組み立てる必要があるので、何か抜けがあったら、意図しない損失を抱える可能性だってあります。(例えば、利確・損切設定ができてなかったとか・・・)

 

それでも昔はこのPythonを組んで自動売買するしか方法がなかったので、流行っていたわけですが、今は状況が違い、自動売買できるツール(正確にはサービス)が存在します。

それが株式会社efitが運営するQUOREA(クオレア)という仮想通貨の無料自動売買ツールです。

僕自身この自動売買ツールを使って自動売買しているわけですが、こいつのいいところは完全無料・ノーリスクで使えてしまうということです。

QUOREAを使えば簡単にビットコインのシステムトレードが可能

QUOREA(クオレア)を使えば、暗号資産こと仮想通貨のシステムトレードが簡単に行えます。

システムトレードってのは自動売買のことです。

じゃあQUOREAとはどんなサービスなのかというと、

  • 2017年に設立された株式会社efitが運営する自動売買プラットフォーム
  • プログラミング知識は一切不要で簡単な設定をするだけで仮想通貨(ビットコイン)の自動売買ができる
  • 現時点ではリリースされていないが、今後、外国為替(FX)にも対応予定のため仮想通貨だけの自動売買プラットフォームというわけではない

といったものになります。

運営会社の株式会社efitとは

大切な資産を預けるわけですから、運営会社の安全性は気にしたいポイントですよね。

結論から言えば、株式会社efitはベンチャー企業ですが、2019年6月時点で累計調達額、1.2億円の資金調達に成功しているので、そこらのベンチャーよりはしっかりした企業だと客観的に言えます。

しかも、運営されているのはこんな方々をみてください。

証券会社勤めのMENSA会員の方や上場企業のエンジニアなどバックグラウンドをしっかりもたれた方が運営しています。

僕自身、QUOREAにて現在進行形で仮想通貨の自動売買を回していますが、別段トラブルはありません。

QUOREAは仮想通貨の売買命令をするだけ

そもそもQUOREAは、仕組みとしてハッキングなどの心配はないシステムになっています。

というのも、勘違いしがちなんですが、QUOREAに資金を預けて、仮想通貨の取引をするわけではありません。

BitMEXといった仮想通貨取引所のAPIキーをQUOREAに連携させることで、

  1. QUOREAから売買の命令
  2. Bitmexにて実際の売買取引が行われる

といった手順で自動売買が行われます。

 

つまり、実際に取引が行われるのは、Bitmexになるので、ハッキングなどの心配をするなら取引所側に問題があるということになります。

自動売買は好きなロボットを選ぶだけ

そして最大の特徴は、QUOREAを使えば、ワンクリックで自動売買の設定が終わるという事です。

QUOREAには、以下のようにロボットというものが無数に存在します。

ロボットとは一体何なのかというと、トレードルールが記されたプログラムと認識すると分かりやすいと思います。

 

ただプログラムといっても、選ぶ際にプログラミング知識が必要なわけではなく、以下のようにユーザーフレンドリーな形で直観的な利回り等が確認できる形になっています。

例えば、上記なら、1ヶ月で500万円が70%の確率で513万円(+13万円)になるというロボットになっています。

これは過去のチャートや戦績等を元にした未来予想です。

もしこのロボットを使いたければ、「ON」ボタンをぽちっと押すだけで仮想通貨の自動売買が始まります。

 

つまりまとめると、プログラミング知識は一切不要で、トレードで回したいロボットを選ぶだけで簡単に仮想通貨の自動売買ができるというのがQUOREAになっています。

QUOREA(クオレア)は無料で利用が可能

そして最大のメリットがQUOREAは完全無料で利用することができるということ。

普通FXの自動売買ツールとかって何十万とかかかったりしますよね。

しかもサーバー維持費などで月々ランニングコストがかかることも珍しくないです。

 

一方で、QUOREA(クオレア)は、システムの利用料やサーバー費用は完全に無料です。

これが一番におすすめできる理由となってます。

気になってる人は登録だけしても何のデメリットもないということですね。

利益が出た際に手数料が発生

そうはいっても、タダほど怖いものはないという言葉もありますが、全てが無料だとそれはそれで逆に怪しいですよね。

結論から言えば、QUOREAは

ビットコインの自動売買を通して、利益が出た際は手数料30%取られる

この部分で費用が発生します。

つまり、実際に取引の際が行われた際に料金がかかるということですね。

 

ただ注目したいのは、利益が出た際に手数料がかかるという部分。

要は、損切注文(損失を確定させる取引)の時は手数料は一切発生しないということです。

なので、手数料が発生した時は利益がある時なので、ある意味ノーリスクだといえますね。

自分でトレードルールを作って利益を得る方法もある

ちなみにQUOREAではロボット=トレードルールだと紹介しましたが、トレードの腕に自信がある方であれば、このロボット(自動売買のルール)を自分で作る事もできます。

しかも、こちらもプログラミング知識は一切不要で。

 

いきなりロボットを作り始める人は少ないと思うので、今回は省略しますが、本当にポチポチ押していくだけでロボットが作れます。

そしてそのロボットを他の人に利用してもらって、その人が自動売買によって利益を得ると、その時の手数料が一部自分にた際に還元という形で入ってきます。

実は、上記でお見せしたロボット一覧も、他のユーザーが作ったロボットなわけです。

トレードルールを作るのが上手いけどプログラミングはできないという人も、こういうやり方で利益をあげることもできちゃうわけです。

QUOREAでビットコインの自動売買をする方法

ビットコインの自動売買をしたいって人は、QUOREA(クオレア)に登録するところから始めます。

もちろん登録から利用まで完全無料です。

QUOREAの公式サイトに入ったら【無料登録はこちら】をクリック。

登録画面に飛ぶので、

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ユーザー名

を入力しましょう。

Twitter・facebookアカウントでも登録できますよ。

 

登録すると、メールアドレスに確認メールが送信されます。

確認メールを受信したら、メール内にあるURLをクリックすれば認証完了となります。

QUOREAに登録できたら、登録したメールアドレス、パスワードを入力してログインすれば早速使用可能になります。

QUOREA登録後のビットコイン自動売買までの流れ

QUOREAに登録し終わったら、ビットコインを自動売買するためにやることとして、

  1. 各取引所のAPIを使ってQUOREA(クオレア)と連携させる
  2. 使用したいロボット(トレードルール)を選択する
  3. あとはほったらかしにすれば勝手に自動売買が始まる
  4. ON・OFFもワンタッチで切り替えられる

これだけなので、超簡単です。

1にもある通り、取引所が必要になりますので、開設していない方は仮想通貨取引所であるBitMEXもあわせて登録しましょう。

メールアドレス登録するだけで使えるようになりますので、こちらも簡単です。

 

使うロボットですが、基本的にはそのロボットの戦績を見て、勝率が高そうなものを選んで設定しておくだけでOKです

こんな感じで取引が行われた時はメールで通知もしてくれますよ。

トレードに関してあまり難しいことが分からないという人も、直観的にビットコインの自動売買の設定ができるんでめちゃ楽ですね。

仮想通貨の自動売買するならQUOREAがおすすめ

仮想通貨の自動売買するならQUOREAがおすすめというのが今回のまとめです。

強いていうなら、プログラミングが超できる人とか好きな人は自分でプログラム組んでもいいと思いますが・・・

おそらく多くの人はほったらかしで運用したいという人でしょう。笑

 

僕自身、最近は色んな自動売買にもハマってるんですが、正直あまり期待していなかっただけに、期待以上の利益がでてびっくりしているという感じです。

まぁ今後どうなるか分かりませんが、チャートとにらめっこする必要もなく、別の事業に時間があてながら、お金にも働いてもらうことができるので特に不満はないです。

ビットコインの自動売買を考えていた方はプログラミングなんてしなくてもできるので、今回の記事を参考にしてみてください。

本記事で取り上げたサイト
ABOUT ME
くろかみ(KUROKAMI)
くろかみ(KUROKAMI)
当サイト管理人。WEBビジネスで起業した経験を元に『インターネットを使ったビジネス』や『副業』をテーマに情報発信しています。
YouTube攻略noteのご案内

僕が2019年7月より新規YouTubeチャンネルを立ち上げ、10日間で収益化、1ヶ月でチャンネル登録者5000人、月収益30万円を達成するために実践した具体的な戦略やノウハウを以下のnoteにまとめました。

【YouTube】運営開始1ヶ月でチャンネル登録者5000人、月収益30万円を達成した僕の戦略を公開

YouTubeの動画編集を効率的に外注化する具体的な方法【経験談】

追記: 無料のメールマガジンをはじめました!

インターネットを使った副業やブログ、YouTube、SNSなどをテーマとして表では公開していない情報を発信する無料マガジンをはじめました!

↓詳細は下記バナーよりご覧ください。

LINEで限定特典を無料プレゼント中

POSTED COMMENT

  1. アバター なかい より:

    下層通貨に手を出そうかどうかで迷ってますが、
    大変参考になりました。また訪問させてもらいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です